リスク管理

未分類

from the blog www.stuckincustoms.com

リスク管理とは何でしょう。

株式投資で言うリスク管理とは、恐らく次のことでしょう。

大きく損しない

立ち直れなくなるほどのダメージを食らうと、最悪、退場ということにもなり兼ねません。退場まで行かなくても、精神的にダメージを受け、本業にも差しさわりが出るでしょう。そんなことにならないために、大きく損をしないことがとても重要なのです。

では、どうしたら大きく損せずにすむのでしょうか。

 

信用枠を使って資金以上の取引をしない

仮に100万持っていれば、信用を使って約300万まで投資できてしまいます。
思惑通りになればいいですが、仮に意に反したら・・・

たとえば、20%下落したとしましょう。
100万円で現物のみ買っていたら、20万の損失ですみます。
しかし、信用枠いっぱいを使って300万投資していたら、60万の損失です。
しかもこの場合、追証が発生して、損切るか保証金を補充しなければなりません。
損切れば、60万の損失だから、残り40万円になってしまいます。
担保の補充にしても大変ですね。

もちろん、株が上がれば最高です。
しかし、そんな時ばかりではない。
投資家は、下がった時のことを考えなくてはいけないのです。
意に反して下がったらどうするか。
これを常に頭の片隅に入れておかなければいけません。

 

流動資産を全てつぎ込まない

信用取引をしないからといって、預貯金などの流動資産を、すべて株につぎ込むのはいただけません。
仮に一千万持っているなら、その半分の5百万程度にしましょう。

一千万全てつぎ込み、思惑通りになればいいですが・・・
世の中、いい時ばかりではありません。
うまく行かなくなる時が必ずあるのです。
ほとんどの場合、余裕で投資している時はうまくいく。
有り金をはたくとうまくいかなくなる。
そんなもんです。

流動資産の半分である5百万をつぎ込み、百万儲けたとする。
そうすると、
「一千万つぎ込んでいたら二百万儲けた」
と、思うでしょう。

そして次回から一千万つぎ込む。
そうなるとだんだん雲行きがおかしくなる。

なぜ、そうなるのか。

『ゆとり』が無くなるからなんですよ。
心にゆとりが無くなると冷静な判断が出来なくなる。
それが儲けそこなったり、損を拡大させたりする。

しっかり儲けるためには、常に冷静でなければならない。
冷静になるためには、『ゆとり』が必要なわけです。



«