損切りについて

未分類

from the blog www.stuckincustoms.com

一に損切り、二に損切り、三四がなくて五に損切り

という格言?があるくらい損切りは重要です。
この損切りがうまくなれば、株式投資に勝つことが出来るでしょう。

何故、損切りがそれほど重要なのでしょうか。

自分の買った株が下がった場合、とるべき行動は以下の二つになります。
・損切りする
・値上がりするまで待つ

すぐに株価が持ち直せば、勿論問題ありません。
モンダイは、ずるずるといっそう下がった時。
買値の10%下落・・・20%下落・・・30%下落。

「売ったところが底値になるのではないか」

って、誰しも思いますよね。
だから、ナカナカ損切りできない。

3割以上下げたら、もう売るに売れなくなる。
こうなると、”こんな株は買うな” の ”右肩下がりの株を買ってはいけない” で説明したとおりですが、なんと、あなたの買った株が右肩下がりの株になってしまっているのです。

こうなると、かなりの確率で戻すのには時間がかかります。
三年は我慢しなければならなくなるかもしれません。
まあ、それでもいいと言うなら別ですけど。

 

ルールを決めておく

こんなことになる前に、
つまり買値から3割も下がる前に、損切りするかどうかを検討しましょう

自分のルールを決めておきましょう
たとえば、1割下がったら損切りを考える。
或いは2割の時に考えるようにしましょう。

その時に、「どうしても保有したい、保有する価値がある」
と、考えるなら、それはそれでいいでしょう。

しかし、戻るまで長い期間(3年ほど)を我慢しなければならないことを念頭に入れておきましょう。

 

 

 



 


« »