蚊とダニの違い

本当にダニ&症状

ダニの違い

ダニは一度に数箇所刺す
刺されるたびに同一箇所に数箇所刺されていたら、ダニの可能性が高いでしょう。

・肌が露出されてないところを刺されたらダニ
ただし、ツメダニは首などを刺すこともあります

・しばらく経って(30分~数時間)、跡形も無くなればかもしれません

・一週間、痒みや跡が残ればダニの可能性が高い
ただし、蚊に刺されたときも一週間くらい跡が残る場合もあります。

激しい痒みの場合はダニの可能性が高い

 

読者から質問を受けて・・・(平成25年3月30日)
このサイトを立ち上げて3年半になりますが、読者からダニ被害の質問を数多く受けました。中にはダニに間違いがないと思うものもありましたが、それは少数。多くは何かのアレルギーによる発疹、あるいは蚊ではないかと思われるものもありました。目に見えなくても、日中、蚊は物陰に隠れています。夜になって人を刺すのです。蚊の場合、アースノーマットなどで撃退できます。もしも虫に刺された場合、これらの蚊撃退グッズを試してみましょう。その後、刺されなくなったら、犯人は蚊の可能性が高いでしょう。

 

ダニ退治の基本へ

 

 

 





 

 

 

広告








« »

コメントを残す


× 7 = 21

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)