洗濯機の嫌な臭いを取り除く方法

洗濯について

洗濯機の臭いの原因

洗濯槽の中で実は雑菌・ばい菌・カビなどが繁殖したことによるものです。
洗濯機の中は、水分あり、セッケンの残りカスあり、皮脂などの汚れもあり、
で雑菌がとても繁殖しやすい環境なんですね。だから、ちょっとメンテナンスを怠ったり、使い方が間違っていたりすると・・・

雑菌が繁殖→臭いが発生!

と、なってしまうわけなんです。そしてその臭いが洗濯物にまでついてしまうんですね。

・洗濯物入れをきちんと用意して、洗濯機の中に衣類を入れっぱなしにしない
・洗濯機のふたは、使っているとき以外は開けておく
・洗濯したあとは、すぐに洗濯物を干す
極!ひとり暮らし

 

 

酸素系漂白剤でカビ取りAllAbout

洗濯槽いっぱいに40~50℃のお湯が必要なので、
一番最適なのが入ったばかりのお風呂の残り湯。
温かいままそのまま洗濯槽いっぱいに入れます。

そこに酸素系漂白剤を400~500g入れます。
洗濯機の容量が大きいものには500gくらい入れてくださいね。
今回は4.2kgの小型の洗濯機なので400g入れました。
石けんカスを落としたいので、粉石けんなどは一緒に入れないで下さい。

 

洗濯機の「洗い」だけを5分回します。
まだこの時点ではカビは出てきませんね。

そのまま1晩放置します。

sentaku.jpg

 

次の朝。ゲゲッ!すごい量のカビが浮いています!
入れていたお風呂の残り湯も真っ黒です。

sentaku2.jpg

 

さらに5分「洗い」で洗濯機を回します。
その後、浮いている黒カビを、お風呂用のゴミ取りネットですくってビニール袋などに捨てます。
ネットで全ては取りきれませんが、
排水すると底に残りますので、残ったカビはウエスなどで拭き取って捨てて下さい。

sentaku3.jpg

 

排水して、お風呂の残り湯でも水道水でもいいので、
真水を高水位まで入れます。「洗い」から「脱水」まで運転させ、排水して完了です。
もしまだ黒カビが出ているようなら何度か真水で運転させてください。

 

 

これはAmazon で人気のある商品。

シャボン玉石けん 酸素系漂白剤 シャボン玉石けん 酸素系漂白剤
(2004/01/06)
シャボン玉石けん商品詳細を見る

レビューから

・カビをしっかり殺菌する。それにはぬるま湯の使用が必須。
カビがはえたら重曹ではもう無理。

・哺乳瓶の殺菌をミルトン(塩素系漂白剤)でやるくらいなら、これでやった方が安心。
塩素系のような嫌な臭いもないし、手も荒れず、残留の心配もない。
すすぎはじめはヌルヌルするが、間もなくヌルつきが消えるのがわかる。

・洗濯槽クリーナーが各種売られているが、これを一袋入れた方がよほど落ちるし安い。

 

 

広告








« »

コメントを残す


− 4 = 1

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)